シリーズ・ザ・生活習慣病

143弾

第143弾 おまわりさん2018.06月号

昔はよくお世話になったおまわりさん。

小学生のときは、小銭を拾っては届け、
なぜか届けた小銭より多い[お駄賃]をその場でもらうことも。

いま思えば、子どもの純真な心をはぐくむ、
地域の極上の教育だった、と懐かしい思い出。

そんなおまわりさんが交番の前に立って
市民を見守ってくださっている前を通ったとき、
『おはようございます』と清々しい挨拶が。

思わず「お疲れさまです、安心です!」
と言ってしまいました。

とっさに出た自分の言葉に、
あっ、いつもそう感じているんだ、と気がつきました!

安心といえば、定期的に通院されている患者様の
血糖値や甲状腺の値だけでなく他の項目も、
スタッフと一緒にしっかり見張っています。

貧血がすすめば[どこかにがんが無いか?]と疑います。
アミラーゼが高ければ[すい臓?唾液腺?]と疑います。

たまに『毎月なんで尿検査?』と言われてしまうこともありますが、
尿たんぱくが出ていれば[腎機能!]と、即わかりますし、
血が混じっていれば[がんや結石]を…

全身の超音波検査も欠かせません。

我々は患者様のさまざまな病気を早期に発見するために、
いつもいつも見回っているのです。

そういえば、久しぶりにいらした患者様が、
だいぶ糖尿病が悪化していて…
『先生、これからはちゃんと毎月来るよ。
そのほうがやっぱり安心だしね。』

はい、しっかり見守りますよ!