シリーズ・ザ・生活習慣病

151弾

第151弾 おてんば2019.03月号

先日、スカルノ元大統領のデヴィ夫人がテレビに生出演され、
激動の人生を語っていらっしゃいました。

クーデターはその最たるもの。
ある時は川に逃げ込み、竹のシュノーケル
(いわゆる忍者のすいとんの術!)で身を隠したとか。

国を追われフランスに亡命。
『私、もともとおてんばでしたので、いろいろなことに興味があり…
英語だけでなくフランス語も勉強していたので…
そのおかげで人生が豊かで前向きに…』
まったく同感!と食い入るようにみてしまいました。

おてんばといえば、金城も小学生の頃は
『廊下に立っていなさい!』とよく叱られていましたが、
この[立つ]ということがいかに大切か…

1月14日「American Journal of Epidemiology」によると
成人の4人に1人が8時間以上座りっぱなし。

そこで1日に30分ほど、イスから立ち上がって運動するだけで
余命が延長する可能性があり、
ランニングでなくても、ウォーキングなどの軽めのものでもよい!

『今は寒くて…』
15分も歩けば、体はポッポしてきます。

かねしろ内科では、毎週無料で有資格者が
患者様に運動療法を行っていますので、ぜひ参加してほしいです!

『私、ストレスはためず…毎晩シャンパンを飲んでおりますの』
と79歳のデヴィ夫人!
勝手に親近感が…

知らぬ間に立ちながらテレビを見ていました(笑)