シリーズ・ザ・生活習慣病

152弾

第152弾 桜切るバカ2019.04月号

やむなく剪定した実家の桜。

『桜切る馬鹿 梅切らぬ馬鹿』

切った枝の切り口が腐ってしまう桜、
余計な枝を落とすとよく咲く梅…
花でも違いがあるのが面白いですよね!

違いといえば、食べ物にも血糖値の上がり方の違いが…
それでは実験開始!

朝はサンドイッチ、昼はざるそば。
さて、血糖値は…
180mg/dlくらいにはね上がりました!

ならば「ダラダラと毎晩宴会」の金城先生は…
なんと〆のご飯も食べたのに、血糖値はほぼ100mg/dl!

忙しい朝は早食いとなり、30分たたないうちに
炭水化物(ご飯等)が口の中に。

いっぽう宴会は、シャンパン?から始まり、
野菜やお魚等のおつまみを食べ、
少なくとも30分以上、炭水化物は食べませんよね。

食事が始まると、小腸からGLP-1というホルモンが出て、
血糖値を上げないようにする準備がスタート。
それに約30分かかるので、
30分以上経過してから炭水化物を摂取すると
血糖値が上がりにくいのです。

野菜やおかずから食べて(お箸を置いて)ご飯は最後に。
じゃあ外食の親子丼は…?
気にせずお散歩で挽回です(笑)

さぁて実家に寄って、元気に咲いた桜を見ながら、
今夜もシャンパンからダラダラ始めようっと(幸せ)