かねしろ内科クリニック
糖尿病・脂質異常症・肥満専門外来・甲状腺専門外来

《 かねしろ先生かく語りき~シリーズ ザ ・生活習慣病 》

  1. 第01弾~第10弾
  2. 第11弾~第20弾
  3. 第21弾~第30弾
  4. 第31弾~第40弾
  5. 第41弾~第50弾
  6. 第51弾~第60弾
  7. 第61弾~第70弾
  8. 第71弾~第80弾
  9. 第81弾~第90弾
  10. 第91弾~第100弾
  11. 第101弾~第110弾
  12. 第111弾~第120弾
  13. 第121弾~第130弾
  14. シリーズ ザ ・生活習慣病TOP
  1. 第111弾
  2. 第112弾
  3. 第113弾
  4. 第114弾
  5. 第115弾
  6. 第116弾
  7. 第117弾
  8. 第118弾
  9. 第119弾
  10. 第120弾

シリーズ生活習慣病 第120弾! [2016. 6月号]

レガシー(遺産)

“grace under pressure”
その昔、ケネディ元大統領(JFK)が、
重圧の中、屈することなく、
気高さを貫いてみせたその指導力、
それを支えたガッツ!

キューバ危機のときに下した孤独な決断のおかげで、
世界は核戦争勃発の危機から救われました。

正しいと信じる道を行く勇気、
JFKのレガシーは、
キャロライン・ケネディ大使に確実に引き継がれ、
オバマ大統領の広島訪問という
新たなレガシーの誕生に貢献することとなりました。

糖尿病の研究でも『レガシー効果』といわれるものがあります。

ゆるく治療していた患者様と、厳しく治療していた患者様、
10年間の経過をみたときに、
結局は同じくらいの血糖コントロールになったとしても、
厳しくがんばった経験のあるほうに、合併症が少なかった。

つまり、早いうちに良くしておいたほうが
のちのち良いですよ、というお話です。

であれば、歳をとって糖尿病が悪くなるとしても、
可能なら“糖尿病なりかけ”(境界型)のうちに手を打てば、
かなりの確率で安心できるかと思います。

会社の健診でちょっとひっかかったけど…
と気がついたら、あっという間に
10年くらいたってから来院される方が少なくありません。
そしてそのときには、すでに動脈硬化が…

勇気をもって、早めに受診しましょうね!

それにしても、
JFKやオバマ大統領は大きなレガシーを残しましたね。

私も皆さまのためにがんばりますよ!