かねしろ内科クリニック
糖尿病・脂質異常症・肥満専門外来・甲状腺専門外来

《 かねしろ先生かく語りき~シリーズ ザ ・生活習慣病 》

  1. 第01弾~第10弾
  2. 第11弾~第20弾
  3. 第21弾~第30弾
  4. 第31弾~第40弾
  5. 第41弾~第50弾
  6. 第51弾~第60弾
  7. 第61弾~第70弾
  8. 第71弾~第80弾
  9. 第81弾~第90弾
  10. 第91弾~第100弾
  11. 第101弾~第110弾
  12. 第111弾~第120弾
  13. 第121弾~第130弾
  14. シリーズ ザ ・生活習慣病TOP
  1. 第121弾
  2. 第122弾
  3. 第123弾
  4. 第124弾
  5. 第125弾
  6. 第126弾
  7. 第127弾
  8. 第128弾

シリーズ生活習慣病 第124弾! [2016. 10月号]

スロープ

日経新聞のオリパラ(五輪・パラリンピック)の紙面に
素敵な記事を見つけました。

リオ五輪・パラリンピック会場の
スロープ担当の工事仲間が、
自分たちで実際に車イスで上がってみよう!
と試みたのですが…

なんと自力では
誰も一番上までたどり着けなかったと。

笑い話ならず、彼らは英語を勉強。
「押しましょうか」とボランティアを。

多くの方々に感謝され、
ここまでで十分 涙腺話なのですが…

スロープにいた、
車イスのマセソン女史(パラリンピックサポートセンター)
に声をかけると、
『自分で上がりたいので大丈夫。声をかけてくれてありがとう』
と2回も断られて…

その後、声かけした彼が、断られた理由がわかったと、
わざわざ彼女に話しに来てくれた、その内容がまた感動的!

「まぶしいほどに自立したパラの選手だから世話要らず。
…いえ、一般の障がい者でも
“押してあげる”ことが大切なのではなく、
その人が“やりたい”ことを見守り、
必要なときだけ手を貸すことが、
本当の障がい者理解なんだと気がついた」と。

高齢の患者様もまたしかり。
家人がなんでも助けてしまうと、筋力はどんどん衰え、
すると疲れやすくなり、よって動かなくなり、
最後には寝たきりに…

できるだけ本人に頑張ってもらえるよう、
励ましながら見守ってあげてくださいね。

そういえばマセソンさん、
『パラリンピックには社会を変える力がある』と。

同感です!