かねしろ内科クリニック
糖尿病・脂質異常症・肥満専門外来・甲状腺専門外来

《 かねしろ先生かく語りき~シリーズ ザ ・生活習慣病 》

  1. 第01弾~第10弾
  2. 第11弾~第20弾
  3. 第21弾~第30弾
  4. 第31弾~第40弾
  5. 第41弾~第50弾
  6. 第51弾~第60弾
  7. 第61弾~第70弾
  8. 第71弾~第80弾
  9. 第81弾~第90弾
  10. 第91弾~第100弾
  11. 第101弾~第110弾
  12. 第111弾~第120弾
  13. 第121弾~第130弾
  14. シリーズ ザ ・生活習慣病TOP
  1. 第121弾
  2. 第122弾
  3. 第123弾
  4. 第124弾
  5. 第125弾
  6. 第126弾
  7. 第127弾
  8. 第128弾

シリーズ生活習慣病 第125弾! [2016. 11月号]

トランプ

亡き父の書斎を整理していたら、
懐かしい大量のトランプが出てきました。

旅行業をしていた父は、お土産に大量のトランプを。
オランダなら「風車」のように、きれいな絵柄が、
子供ながらに見ているだけで楽しめました。

そういえば、小学生の頃、「神経衰弱」をやって
なかなか父に勝てなかったのを思い出しました。

たしかこの辺にハートの7があったような…
えい!
あれれ となりか…

ニヤリ、と次の番の父にさらわれました(涙)

人間の記憶は時として曖昧。
メモでもとって記録できないのが残念です。

記憶といえば、クリニックの外来で
「今朝は空腹時の血糖値が高かったですが、
昨夜はなにを召し上がりましたか?」
の質問に、なかなか思い出せない方もチラホラ。
ましてや二日もたてば誰しも。

そこで食事記録が効果絶大。
今月は外食が多くて…など、
血糖値が上がった理由や、体重が増えた理由が
ひと目でわかります。

ちなみに、油ものは、翌朝まで影響するくらい
ずっと血糖値を上げ続けることも!

食べてすぐ寝てしまったり、睡眠時間も影響しますから、
生活のメモも記録できれば、なお良いですね。

ところで、アメリカ大統領選では、
ドナルド・トランプ氏が勝利したとか。

ん?
トランプとトランプ氏の洒落?

いえいえ、偶然です(笑)