かねしろ内科クリニック
糖尿病・脂質異常症・肥満専門外来・甲状腺専門外来

《 かねしろ先生かく語りき~シリーズ ザ ・生活習慣病 》

  1. 第01弾~第10弾
  2. 第11弾~第20弾
  3. 第21弾~第30弾
  4. 第31弾~第40弾
  5. 第41弾~第50弾
  6. 第51弾~第60弾
  7. 第61弾~第70弾
  8. 第71弾~第80弾
  9. 第81弾~第90弾
  10. 第91弾~第100弾
  11. 第101弾~第110弾
  12. 第111弾~第120弾
  13. 第121弾~第130弾
  14. シリーズ ザ ・生活習慣病TOP
  1. 第91弾
  2. 第92弾
  3. 第93弾
  4. 第94弾
  5. 第95弾
  6. 第96弾
  7. 第97弾
  8. 第98弾
  9. 第99弾
  10. 第100弾

シリーズ生活習慣病 第99弾! [2014.9月号]

痛み

「先生、どうしたんですか?ゴルフの…」

私の右手の湿布とサポーターを見るなり、
かなりの患者様から心配?のお声をかけていただいています。

決してゴルフではなく、
また、はっきりとした原因がわからず(カルテの書きすぎ?)…
とにかく痛いのです。

痛いといえば、痛風発作!
何を隠そう、私も尿酸値が高く、
フェブリクという腎臓に優しい尿酸のお薬を飲んでいます。

最近は、尿酸値が気になる方のために
“プリン体・ゼロ”なる発泡酒が
各社から出そろいました。

「ゼロならいくら飲んでもいいの?」

よく見てみると、糖質もゼロなので、
カロリーはビールの約半分、
確かにヘルシーかもしれません。

しかし、アルコールは種類に関わらず(シャンパンも)
尿酸値を上げてしまうので、
飲みすぎれば痛風発作が心配になります。

痛風の敵は、(珍味等に多い)プリン体だけではなく、
アルコール全般だったのです。

さらに、アルコールは脱水を起こすので、
水分をしっかり補給しないと発作を起こしやすくなります。
解毒のためにもしっかりお水を飲みましょう!

それにしても、『痛み』は身体だけではありません。
「なんで私、糖尿病なんかになったの?なかなか良くならないし…」
糖尿病患者様の『心の痛み』に比べれば、
腱鞘炎で泣き言なんて言っていられません。

外来診療がんばって、仕事が終わったら、
フェブリク飲んで、痛み止めのシャンパン飲もっと(笑)