戻る
■ 市民公開講座に参加してきました2014. 5.28

5月22〜24日に日本糖尿病学会年次学術集会が開催され、
その中で開かれた市民公開講座に参加してきました。

「糖尿病と向き合う!健康に生きるために」をテーマに、
生活・運動・食事の観点からパネリストの方々がお話してくださいました。

中でも競技エアロビック選手の大村詠一さんが、
楽しく続けられる運動療法のコツを伝授してくださいました。

@まず運動仲間を作る
A動く理由を作る
B自分に無理のない運動から始める
C音楽を聴き楽しみながら行う
Dまずはやってみる!

実は大村さんは1型糖尿病で、現在インスリン治療をしながら
競技エアロビックを続けておられます。
「どうしたらよいか何をすればよいか不安に思うならば、まずやってみる!」
という言葉がとても印象的でした。

皆さんも出来る運動から少しずつ始めてみてはいかがですか?