戻る
■ 暑くても靴下を!2014. 6.18

梅雨で雨の日が続きますが、真夏並みに暑い日が多いですよね。

暑くなると皆さんの足元は、どんな風に変化しますか?
素足に靴を履いたりサンダルなど、涼しくなるような履物になりますよね。

ですが、涼しくなる代わりに、足に傷ができる危険性が高くなってしまうんです。
特に糖尿病をお持ちの患者様は、糖尿病性神経障害と言って、
足先、足の裏の感覚が鈍くなっている方がいらっしゃいます。
そういう状態で靴下を履かないと、足に傷が出来てしまっても
なかなか気付けない事があるんです。
その傷が放置されると、壊疽につながる恐れもあります。

暑い時期に靴下を履くのは嫌かも知れませんが、足の安全のために是非、
靴下を履いてお出かけ下さい。