戻る
■ 愛の・・・2014. 6.27

右の写真は “アガパンサス” です。

アガパンサスは、ギリシア語のagape(アガペ 愛)とanthos(アントス 花)
の2語からなり、「愛の花」という意味です。

このアガパンサスは 青紫色ですが、他には紫、青紫、白などがあります。
紫や青紫色は品種によって濃淡の違いがあります。

花の形は、先端の大きく開いたラッパ型で、横向きに咲くものが多いですが、
下向きや上向きに、花が開くものもあります。

草丈は、30cmくらいのコンパクトなものから、1mを越す大型種まであります。

花言葉も名前にちなみ、「愛」や「恋」に関係するものが多いようです。