戻る
■ 素敵な香り2014. 7. 4

梅雨に咲く、香りのよいこの花は、“ 梔子(クチナシ) ”です。
早春のジンチョウゲ、秋のキンモクセイと並び、芳香花木の代表とされています。

和名の由来は、果実が熟しても割れない(口を開かない)ため、
「 口無し ( クチナシ ) 」となったと言われています。

また、“ クチナシ ”の名前から、「朽ち無し」=朽ちる事が無い。という意味で
縁起物として贈られることもあるようです。

思わず振り返ってしまう、素敵な香りです。