戻る
■ 夏の訪れ2014. 7.18

右の写真は“百日紅”(サルスベリ)です。

「約100日間、紅色の花を咲かせる。」というのが名前の由来です。

夏から秋まで、約3ヶ月間咲き続けます。
実際には、一度咲いた枝先から、再度芽が出てきて花をつけるので
咲き続けているように見えます。


また、“猿滑”とも書きます。

「樹幹を覆っている皮が薄く剥げ落ちやすく、木肌がツルツルしており、
木登りが上手なサル(猿)でも滑ってしまう。」
ということから来ています。

サルスベリが咲き始めると、夏の訪れを感じますね。