戻る
■ 夏の夕暮れに・・・2014. 8. 1

右の写真は白粉花(オシロイバナ)です。

夏から秋にかけて、昼の3時-4に花が開き、
翌朝の9時過ぎにはしぼむ夜開性の草花です。

ひとつの花自体は、一夜限りの短命なものですが、
開花期は次々と休みなく新しい花を咲かせます。
近くを通ると、上品な香りを微かに感じます。

皮が固くなる前のタネを採り、指でつぶすと
出てくる中身(胚乳)が、真っ白な粉状でおしろいようなので
オシロイバナの名前があります。