東林間駅徒歩2分・鶴間駅前。糖尿病・生活習慣病を中心としたクリニックです。

東林間かねしろ内科クリニック

予約制

042-701-1041

MAP

鶴間かねしろ内科クリニック

予約制

046-271-7410

MAP

シリーズ・ザ・生活習慣病

172弾

第172弾 からすみ2021.01月号

お正月といえば、数の子?伊達巻?
いえいえ、金城先生は「からすみ」です!

父との思い出といえば小学生の頃、晩酌タイムに父が
うす〜くスライスしたからすみを網で軽くあぶり、
同じ大きさに切った大根にのせて日本酒と合わせている横で、
おこぼれちょうだいの味見… 『うまい!』

長崎五島列島の貴重なからすみだったので少ししかもらえず。
お腹いっぱい食べたかったボクは夜中にこっそり冷蔵庫をごそごそ、
一本まるごとつかんでモグモグ… 『しあわせ♡』
翌朝当然大目玉(涙)

それがきっかけで「からすみ好き」になり、
研究を重ねた(たまたま?)結果、大根スライスも美味しいですが、
きゅうりのスライスが抜群に合うことを発見し、
すっかりとりこになりました。
この大発見、[なかなか見つかるもの]ではありません。

なかなか見つからない、といえば[膵臓がん]がそのひとつ。
超音波でもなかなか見つからず、しばらく検査せずに、
ある時だいぶ進んでから見つかり…なので、
私はDUPAN-2という膵臓がんの腫瘍マーカーを一緒に検査します。

正常値は150以下なのですが、ポイントは、
50とか100とか、まだ150以下の段階で
(あやしい…)と疑って精密検査するかどうかで決まります。
ちなみに私が自ら測ると25以下。

昨年もかなりの患者様が初期段階で発見でき、
今も元気に過ごされています。
超音波でも見つからない敵を、ぜひぜひ早く見つけましょうね!

さて、お正月過ぎても我らがシャンパンと
冷凍してあったはずの「からすみちゃん」が…
あれ、なんでないの…まさか(涙)

171弾

第171弾 コンビーフ2020.12月号

子どもの頃、台所の床下収納にいつもあった缶詰、
好物のひとつ、コンビーフ!

今はパカっと開くプラスチックになりましたが、
当時は缶のでっぱりを引っかけて巻き取り開けていく
専用の巻き取り器?が付いているタイプの缶詰。

たまにそれが付いていなかったり、
あるいは缶のでっぱりを巻き取っている途中で切れてしまったり…
そんな時は、前回とっておいた巻き取り器やペンチで巻き取ったり、
無理やり包丁でこじ開けたり、と闘っていました(笑)

熱したフライパンにコンビーフを入れると、
白い脂がみるみる溶けて透明になり赤身肉が焦げ始める…
するとあの芳しい香りがあたりに充満し、作りながらつまみ食い。

お腹がすいて、おやつに[白い脂]も気にせず
冷たいままかじったこともしばしば。

白い脂といえば、健康診断などで肝機能異常を指摘され、
検査をすると『脂肪肝』と言われる方も多いかと。
酒飲みならまだしも、飲まない方もなってしまう
NASHという脂肪肝があります。

いずれ肝硬変や肝がんを発症することがわかってきましたので、
たかが脂肪肝といわず治していきましょう。
基本は食事と運動、我々がお手伝いいたします!

さてと、アルコール性脂肪肝炎?が疑われる、
いや確実、多分…そんなはずないと信じてシャンパンを…
飲みたいなぁ(涙)

TOP