東林間駅徒歩2分・鶴間駅前。糖尿病・生活習慣病を中心としたクリニックです。

東林間かねしろ内科クリニック

予約制

042-701-1041

MAP

鶴間かねしろ内科クリニック

予約制

046-271-7410

MAP

シリーズ・ザ・生活習慣病

182弾

第182弾 顎関節症2021.11月号

食欲の秋。
それは突然やってきました…

お酒のあてに山盛りの野菜の酢漬けをほおばり始めたその時
[ゴキッ]左の奥歯あたりに激痛が…
(虫歯?)そんなはずは。
冷静に痛みの元を探ると[あごの関節]が痛い。

幸いおとなしく噛んで大声を出さずに
上品に?様子をみたおかげで何日かで治りましたが、
先月の胆のう炎といい、半世紀使ってきた身体は
だんだん何か起こるものなんですね。

突然といえば、これから寒くなる時に多いのが
心筋梗塞・脳梗塞…
(不整脈を除き)原因は動脈硬化。
特に家族歴のある方は心配です。

まずは血管の中を、痛くないエコー(超音波)検査で
見てみましょう!
もし、プラークという病変があったならば
血糖・血圧の管理だけでなく、悪玉コレステロール・中性脂肪を
しっかり下げないといけません。

動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年度版をもとに
LDLを下げるスタチン、中性脂肪の新しいお薬、
そして血管を丈夫にしなやかに若返らせる高純度EPA製剤を
必ず飲んでいただきたいです。
母親にも飲んでもらっています。

さあて、あごも良くなったし、今夜もシャンパンと
京都の友人から届いた丹波黒枝豆…
ん?この枝豆、立派で分厚いのでそっと噛まないと(笑)

181弾

第181弾 胆のう炎2021.10月号

いま、金城先生は減量中。
マイナス7kg達成。
あと13kgがんばります!

ということで調子にのって、マイナス7kgのご褒美に暴飲暴食…
(あれ、胃が痛い…)
ありったけの胃薬が効かない。
またやってしまったか、アニサキス⁉︎
いや、お肉しか食べていない…

実は胆のう炎でした。
最近、くり返しているので、後輩医師からは
『私が胆のう取ってあげますよ、特別(日)に』

ある意味正しい提案ですが、暴飲暴食をしないための
[お守り]と考えれば手術しなくても…
というわけで丁重に(今のところ)お断りしています(笑)

お守りといえば糖尿病などの慢性疾患も、
合併症を起こさない程度のまずまずのコントロールまで持ち込んで、
あとは定期チェックをしているうちに
[がん]などの早期発見につながる方が
ものすごくたくさんいらっしゃいます。

定期的にチェックする大切さ、
そして楽しく美味しく食べて、
金城先生と一緒にダイエットもがんばりましょう!

今日も食事と運動がんばったので、
楽しい一日の締めくくりは、お守りのシャンパンで!

TOP