東林間駅徒歩2分・鶴間駅前。糖尿病・生活習慣病を中心としたクリニックです。

東林間かねしろ内科クリニック

予約制

042-701-1041

MAP

鶴間かねしろ内科クリニック

予約制

046-271-7410

MAP

シリーズ・ザ・生活習慣病

167弾

第167弾 枝豆2020.08月号

今年の梅雨はひどい災害でした。
さまざまな影響があるなか、野菜もそのひとつ。

畑が浸水し、日照不足も重なり、形が悪くなって育たず、
傷ができて出荷できない野菜たちが…

さらに野菜の病気が発生した地域もあり、
スーパーではにんじんが2倍、なすも1.5倍と高騰。

『先生、高くて野菜食べられないわよ』
…返事の言葉につまってしまいました。

つまるといえば、「寝ていて息していない」
「いびきがすごい」と家族に言われたり、
「昼間眠くなる」「なんとなくだるくてスッキリしない」
という方が、かなりいらっしゃいます。

睡眠時無呼吸症候群…
脳、心臓などにも影響があり、特に運転は危険です。
検査は簡単に自宅でできるので、ぜひ一度いらしてくださいね。

治療すると「昼間眠くならなくなった」「人生が変わった」と
驚くほどスッキリするようです。

実家の近くは畑が多く、野菜が直接安く買えます。
枝付き枝豆が山ほど買えてびっくり!
ハサミでひとつずつ(あっ、意外に大変)カットして、
今夜も枝豆とシャンパンです!

166弾

第166弾 夢(ゆめ)2020.07月号

頼られ、求められている…
あらためて気がついたのは
患者様からの短い謝辞(ことば)でした。

『10数年間ずっと金城先生にお世話になり感謝している。
残された最後のときまで、もう少しお世話になりたい…』

インスリンはとても上手にコントロールできていたのに、
がんが見つかり抗がん剤、それもだんだん効かなくなり
歩けなくなってしまったのです。
これからは往診してほしいと…

我々は血糖コントロール、合併症の評価・治療を
毎日毎日患者様とお話しして、
そして身体(からだ)だけでなく気持ち、心、生活までも
深く関われていたんだなぁと、あらためて気がつきました。

『先生の患者さんたちに、クリニックに通って
いっぱいいっぱい夢を持ってもらいたいから、
これ置いてもらえませんか?』

(奥様の書かれた)夢という字を
ご本人が彫られた木の力作。
はい、いっぱいいっぱい 夢 広がっています!

コロナという疫病で世界が変わってしまった今、
これからはSNSを通しても、皆様の生活に
少しでもお役に立つ情報を発信できればと思い…
Facebook 始めました!

165弾

第165弾 ディーゼル2020.06月号

中古で買ったディーゼルハイブリッド車。
驚いたのは燃費の良さと静かさ、そして排気ガスが臭わない!

さらに2200ccなのに、
市街地を走るくらいの低速時の加速感(トルク)が
5000ccのガソリン車よりパワフルなのです。

普段は電気で音もなく静か〜に、
アクセルを強めたり発電が必要なときは
知らぬ間にエンジンがかかって…
ディーゼルのイメージが一変した瞬間でした。

音もなくといえば、
知らぬ間に進んでしまっている『膵臓がん』、
症状が出てきたときはかなり厳しいことに…

金城先生は(まだ若いので?)
超音波検査で半年に一度チェックしています!

患者様にも可能なかぎりこまめに、
ときには腫瘍マーカー(DUPAN-2)の採血も
あわせておすすめしています。

すでに今年は10名近くの方を県立がんセンターにお願いし、
今も元気に通っていただいております。

検査が面倒というイメージは捨てて
早期発見いたしましょう!

今日は朝から原稿、
午後は外来もないので久しぶりに昼からシャンパンランチでも…
あっ、点検中の車の引取りが午後ありました(涙)

164弾

第164弾 宝くじ2020.05月号

探し物をしていたら『年末ジャンボ』が出てきました。
(そういえばまだチェックしていなかったなぁ…
前後賞あわせて10億円!)
いやいや、期待せずに[すぐ]数字合わせ。

153893… ん?え”?おっつ、
[まさか](頻脈発作寸前(笑))
組違い賞でした!

[まさか]といえば、コロナ禍のために
患者様は空前の運動不足&たんぱく不足。

「怖くて外に出ていない」
「買い物も料理もなんかやる気が起きなくて、
手軽なパンとかおにぎりとかが多くて」

お気持ちは本当によくわかります。
しかし、これでは絶対にいけません。

運動とたんぱく質が不足すると
筋肉が[すぐ]になくなります。

人ごみ(人気の散歩エリアと時間)を避けて、
しっかりお肉・お魚・卵など良質の
筋肉・鉄の材料を食べましょう。
特にご高齢の方々には守っていただきたいです。

さて、ウキウキの宝くじでシャンパンでも…
「先生、感染予防対策としていろいろ購入しました。
これ請求書です。」…(涙)

我々医療従事者も毎日歯を食いしばり、
でも笑顔で患者様のため見えない敵と闘っています!
がんばります!

163弾

第163弾 8,000円2020.04月号

研修医の初任給は予想の範囲内。
両親と食事をして医学書(高い!)を買い、
その他家賃などの生活費(当時は研修医のためほぼ飲みません)
を支払うと…残った8,000円を握りしめ、憧れの新車購入に突撃!

「あのぅ、頭金これしかないのですが…」
営業マンは満面の笑顔で『すぐに納車の手配をいたします!』

この1号車は本当に働き者。
96年の大雪では、都内から鎌倉まで10時間の長時間労働に耐え、
97年の猛暑などにもびくともせず。

98年、闘病していた父が急変し、
母親から『お父様がそろそろ危ない』と夕飯時に連絡が。

冷静な金城先生は落ち着いて夕飯を終わらせ、
周囲に心配されないよう「ちょっと大学に様子を見に行ってくる」

当時、首都高では敵なし⁈の金城先生が1号車に乗り込み
フルスロットルで駆けつけてもすでに間に合っていないと判断し、
むしろ邪念を払い、完全なる安全運転で向かいました。

落ち着いて、といえば今や世界中が不安の気持ちでいっぱい。
外来患者様もさまざまな気持ちでいらっしゃいます。

特に糖尿病は、しばらく検査していないと
確実に悪化してしまいます。
定期的に採血しているからこそ安定が保てるのです。

クリニックの中は、換気のため最近ちょっと寒いですが、
皆さん『先生に会えて安心した』と…うれしいかぎりです!

さて、1号車はきちんと定期メンテナンス。
おかげさまで今も現役、24歳になりました!

162弾

第162弾 トイレットペーパー2020.03月号

時は1973年。
オイルショックで不安になった市民が
トイレットペーパーを求めて行列をなし…
当時は大変なご苦労をなさったことと思います。

いま、同じように、ティッシュ、紙オムツ、
お米まで買いだめされて品薄に…

金城先生はうわさを聞いてすぐにリサーチ。
[原材料は日本に豊富にある、デマだ!]
かつ、常日頃から備蓄しているので静観しておりました。

ほどなくニュースでデマとわかっても
『わかっちゃいるけど買っちゃうのが日本人(笑)』
とインタビューで答え、列に並ぶ大勢の方々…
日本は平和なんだなぁ、と。

デマといえば、「これは体によい、血糖値によい!」
いっぱい聞きませんか?
はっきり言って、ほぼデマと思ったほうがいいです。

ほとんどの食べ物が分析されているので、
「何を食べる」より
「どのように/どのくらい食べる」のほうが意味があります。

すべての食材を、毎日少しずつまんべんなく、バランスよく。
そして楽しくのんびり食べることが大切です。

当院のチーム管理栄養士が、いつでも優しく教えてくれますので、
質問してくださいね。

ところで母親に当時のことを聞いてみると、
『そのうちまた販売するわと思って、買いに行かなかったわよ!』
さすが金城先生の母、肝が違うというか、気にしないというか…

新型コロナで気持ちが落ち込んでいる今こそ、
ぱぁーっとシャンパン飲みに行こうっと!

161弾

第161弾 お寿司2020.02月号

『まいど、いらっしゃいまし』
行きつけのお寿司屋さんほど居心地のよいところはありませんよね。

まずは泡からスタート。
野菜やおつまみから始まり、アルコールとお魚の饗宴に舌鼓を打ちつつ、
やっと握りに移るまでに2時間以上…

金城先生はほぼ1日1食のため、その日のネタはほとんどいただきます。
なぜかお寿司は毎日でも飽きません(笑)

毎日といえば、我々は[たんぱく質]を
毎日適量しっかり食べないといけません。
前回もお話ししましたが、不足すると自分の筋肉が使われて
無くなっていくため、最悪歩けなくなります。

血液中のタンパク量も減り、栄養失調に…
すると免疫力低下から、風邪など感染症が長引くことも。

ちなみに食べすぎると腎臓に負担がかかりますから、
実際の重さで1日300g位(肉・魚・卵の合計)が目安です。

特に高齢者は絶対に控えてはいけません。
鉄欠乏性貧血にも効果的ですよ。

さて、新型コロナに負けないためにも、
今夜もシャンパンと適量の?たんぱく質をもとめて…(笑)

160弾

第160弾 “百一賀”と“たん活”2020.01月号

年末に100歳になられた患者様。
還暦以外は数え歳でお祝いするため、満99歳は百賀…
『100歳は、えぇっと…』
そう、“百一賀のお祝い”といいます!

当日、金城先生は迷わず直撃インタビュー!
「長生きの秘訣はなんですか?」
『わしゃ、杖なしで歩ける。若いときは飛行機の部品作り、
そのあと農業、今はのんびりしているが杖なしで歩ける、ほら…』
と会話の中で5回も、杖を使わないことを
誇らしげに語っておられました。

『私も昔からよく歩いたけど、夫は速すぎていつもおいていかれました』
と話された同伴の奥様も御歳93歳!
健脚強脚のおふたり、頭が下がります。

健脚強脚といえば、日々のウォーキングだけでなく“たん活”も大切です!
お食事のたんぱく質が不足すると、自分の筋肉がどんどん使われ、
筋肉が減ってしまいます。
お肉・お魚・卵を、1日合計で300g食べるように心がけましょう。

そう、さきほどの微笑ましいご夫婦、
お正月にもご家族でお祝いをされるとか。
我々も(勝手に)シャンパンでお祝いです(笑)

159弾

第159弾 日本育英会2019.12月号

大学生の頃、父親が食道がんになり、
1年間学費などの補助を育英会さんから受けました。

苦学生には大変ありがたく、卒業後23年経ちましたが、
今も少しずつ返済。
毎月の返済額が低く抑えてあるので非常に助かります。

ところが先日、(チコちゃんなら怒るところですが)
ボーッとしていて通帳の残高が足りない旨の通知がきました。
まだ数年期間はありますが、長期間を本当にありがたいことです。

長期間といえば、妊婦さんは妊娠してから長いあいだ
大変な思いをして赤ちゃんを産んで、育てて、
それはそれは男子には想像がつきません。

糖尿病の遺伝子があると、かなりの確率で血糖値が上がりますし、
妊娠前に血糖値が高い場合は、なおさらさまざまなリスクが伴います。

かねしろ内科では、妊娠中および出産後の糖尿病の管理も行っています。
甲状腺機能や貧血もあわせてフォローしてまいりますので、
どうか安心してくださいね。

そういえば、先月無事に出産されたお母さんから連絡をもらいました。
これからの母子ともに健康を勝手に祈って、
今夜もシャンパンで乾杯です!

158弾

第158弾 台風2019.11月号

台風15・19号の水害はすさまじいものでした。
もちろんニュースでは、かなり大きな台風だと言われていましたが、
正直これほどの被害を引き起こすとは、誰が想像できたでしょうか…

被害にあわれた方が『自然』にはかなわないと話されていましたが、
たてつづけに2回もやってくるとは…

かなわないといえば、どんなに生活に気をつけていても、
「動脈硬化・プラーク」や「がん」を防げないことがあります。

よくご夫婦で来られて『くすり飲まなきゃだめかなぁ、
結果が良いのに、なんで俺だけプラークがあるんだ?』
遺伝子が違うので仕方ありません、お薬で治しましょう、と。

病気を治すため、あるいは予防するために
生活習慣に気をつけるのは大切ですが、
今回の災害のように、予想以上あるいは突然の地震など、
明日なにが起こるかわからない…

人生一回です!
楽しめるときに楽しんで、メリハリをつけた生活で、
そしてきちんと検査をして、その結果治療が必要なら、
嫌がらずお薬で治していきましょう!

さて、『備えあれば憂いなし』と親に教わったとおり、
お薬手帳と実際のお薬も、いつも携帯しましょうね!

TOP