東林間駅徒歩2分・鶴間駅前。糖尿病・生活習慣病を中心としたクリニックです。

東林間かねしろ内科クリニック

予約制

042-701-1041

MAP

鶴間かねしろ内科クリニック

予約制

046-271-7410

MAP

シリーズ・ザ・生活習慣病

177弾

第177弾 武道館2021.06月号

母親のワクチン接種の付添いで鎌倉武道館に行きました。
会場は広く、接種を待つ高齢者と付添いの方々で、
ゆっくりとした時間が流れていました。
そう、あきらかに多くの方が[筋肉不足]…
母親は昔より歩けることに安堵しました。

[筋力不足]といえば、まずはたんぱく質の摂取が少ない!
食が細くなったことに加え、野菜とご飯でお腹いっぱい。
とにかく最優先で肉・魚・卵を1日合計300g召し上がってください。

この栄養失調状態は採血の結果にも。
総蛋白だけでなくヘモグロビン(Hb)の値も低くなります
(金城先生は15.0)。
鉄(Fe)や貯蔵鉄(フェリチン)、エリスロポエチンの値から
なぜ貧血なのかがハッキリしますので、ぜひ一度検査をおすすめします。

貧血が治るとかなり身体が軽く感じ、疲れません。
すると活動量が増え、筋肉トレーニングに。
たんぱく質を食べてしっかり運動、がんばりましょう!

背筋の伸びた初老の方が武道館の方と笑顔で…
今も鍛えていらっしゃることがわかります。
母親には荷物もしっかり持ってもらい、
遠くの駐車場まで歩いてもらいました。
今夜は美味しいシャンパンが飲めそうです!

176弾

第176弾 レモンの木2021.05月号

昔、小学3年生の金城先生より少し背の低い
トゲのある苗木をどなたからかいただき、裏庭に植えました。
茎が緑でややクネクネし、『きっとレモンの木かねぇ』
と両親と結実を楽しみに…

(スライスして砂糖つけてチュパっと)など妄想すること3年、5年…
木は大きくなるのに実がつかず。

[桃栗三年柿八年]
うちのレモンはなんと7年かかって花が咲き、丸い実が!
(丸いレモン⁉︎)
そう、それはなんと「夏みかん」だったのです(笑)
何年後かいつかは実るものなんですね。

何年後かいつかは、といえば通ってくださっている患者様も
ご高齢の方はさまざまな理由で通院できなくなる…
そう思うと「それっきり」では辛く悲しく、
今までの歴史を理解している我々だからこそ
可能なかぎりお付き合いしたい…

在宅医療にも力を入れていこうと、
金城先生が院長の杏林堂クリニック(小田原市)では
すでに4名の医師を増員しました。

でもみなさん、できるだけ自力で通院していただきたいので
肉・魚・卵をしっかり食べて、運動をお願いいたします!

さて、今度は本物のレモンの木を植えて、
おつまみにキュッとシャンパンといただきたいなぁ…[7年後](笑)

175弾

第175弾 花火2021.04月号

『努力は必ず報われるんだなと…』
2年前に大病で[あわや]、選手生命が…
とみんなから心配された池江璃花子選手の見事な復活劇!
感動しました。

彼女の強い心と信念には頭が下がると同時に、
国民に勇気を与えてくれましたね!

[あわや]といえば、運転中や会議中にうとうとと…?
前回も話題にした「睡眠時無呼吸症候群」は
かなりの方々にあるようで、なにを隠そう金城先生も…
いつでもどこでも眠れますし、何時間でも眠れる。
ということで調べてみると、なんとグレーゾーン(涙)

肥満がある方はそれが原因になることもあるので、
『やせると治った』という方も多いです。

そこで一大決心、ダイエットをスタート!
目標マイナス15kg、一年かけて頑張りますね。

ちなみに、無呼吸により「血が多く」なる方も…
健診で指摘された方は、ぜひ一度検査を受けにいらして下さい。

そういえば、先日散歩していたら突然の音にびっくり!
なんとサプライズの花火が上がって…
みんなを励ますプレゼントに『よし、がんばろう』と
その日はシャンパンを飲まずにぐっすり眠れました(笑)

174弾

第174弾 3.112021.03月号

14時46分、そのとき金城先生は自宅のお風呂で
(おっ、揺れてる、あっ、シャワーのお湯が水になった!)
と急いで体をふきパンツ一丁で家の外に駆け出しました。

あれから10年、さまざまな学びとともにここで再び身を引き締め、
突然起こる災害に対応するべく…と気持ちを新たにいたしました。

突然といえば、
寝ているときに突然[フゴッ]と息をして目が覚めたり、
知らぬ間に会議中に睡魔が襲ってきたり、イビキがすごかったり、
いつでも眠い、いつでも眠れる、いつまでも眠れる…

あるあるですね。
きっと夜中に呼吸が止まっている『睡眠時無呼吸症候群(SAS)』
最近かなりの患者様が検査をされ、かなりの確率で陽性でした。

CPAP(シーパップ:持続陽圧呼吸療法)という、
呼吸が止まったときに空気を送って
呼吸を助ける治療をされた方々は一同に
『生まれ変わった』とお感じになるようです。

きっと金城先生もいつでも眠れるので、SASかなぁ…
皆さんも一度検査をおすすめします!

太っているとSASになりやすいので、あやしい金城先生は
今夜はシャンパンの量を少しだけ減らして…(汗)

173弾

第173弾 いつか必ず2021.02月号

たまたま見ていたスポーツニュース。
ソフトボール金メダリストの上野由岐子選手は、
2年前打球を受けてアゴを骨折したのは自分のせい、
それ以来、努力しすべてを受け入れられるようになった、と。

「オリンピックがあってもなくても、受
け入れる気持ちの準備は整っている。
このコロナ禍でも、一歩前に出れば視界は360°…
360°どの方向でも、前向きに、
すべてを受け入れその歩みを止めなければ、
[いつか必ず]ゴールに到着する。
このコロナ禍は私だけではないのだから。
昔から『上野はできる』と言われ続けたが、それは違う。
できるようにしたからできたし、
いつでもできる状態に努力してきたのだ」
…努力家の素敵な言葉でした。

努力といえば、努力しても寝ているあいだの呼吸は
コントロールできないもの。
ましてや勝手に止まってしまう『睡眠時無呼吸症候群(SAS)』。
検査は簡単、自宅に届いた機械を着けて寝るだけ。

もしSASと診断されれば、CPAPという呼吸補助により、
眠かった毎日が気分爽快です!
運転中眠気のある方はすぐにいらしてくださいね。

172弾

第172弾 からすみ2021.01月号

お正月といえば、数の子?伊達巻?
いえいえ、金城先生は「からすみ」です!

父との思い出といえば小学生の頃、晩酌タイムに父が
うす〜くスライスしたからすみを網で軽くあぶり、
同じ大きさに切った大根にのせて日本酒と合わせている横で、
おこぼれちょうだいの味見… 『うまい!』

長崎五島列島の貴重なからすみだったので少ししかもらえず。
お腹いっぱい食べたかったボクは夜中にこっそり冷蔵庫をごそごそ、
一本まるごとつかんでモグモグ… 『しあわせ♡』
翌朝当然大目玉(涙)

それがきっかけで「からすみ好き」になり、
研究を重ねた(たまたま?)結果、大根スライスも美味しいですが、
きゅうりのスライスが抜群に合うことを発見し、
すっかりとりこになりました。
この大発見、[なかなか見つかるもの]ではありません。

なかなか見つからない、といえば[膵臓がん]がそのひとつ。
超音波でもなかなか見つからず、しばらく検査せずに、
ある時だいぶ進んでから見つかり…なので、
私はDUPAN-2という膵臓がんの腫瘍マーカーを一緒に検査します。

正常値は150以下なのですが、ポイントは、
50とか100とか、まだ150以下の段階で
(あやしい…)と疑って精密検査するかどうかで決まります。
ちなみに私が自ら測ると25以下。

昨年もかなりの患者様が初期段階で発見でき、
今も元気に過ごされています。
超音波でも見つからない敵を、ぜひぜひ早く見つけましょうね!

さて、お正月過ぎても我らがシャンパンと
冷凍してあったはずの「からすみちゃん」が…
あれ、なんでないの…まさか(涙)

171弾

第171弾 コンビーフ2020.12月号

子どもの頃、台所の床下収納にいつもあった缶詰、
好物のひとつ、コンビーフ!

今はパカっと開くプラスチックになりましたが、
当時は缶のでっぱりを引っかけて巻き取り開けていく
専用の巻き取り器?が付いているタイプの缶詰。

たまにそれが付いていなかったり、
あるいは缶のでっぱりを巻き取っている途中で切れてしまったり…
そんな時は、前回とっておいた巻き取り器やペンチで巻き取ったり、
無理やり包丁でこじ開けたり、と闘っていました(笑)

熱したフライパンにコンビーフを入れると、
白い脂がみるみる溶けて透明になり赤身肉が焦げ始める…
するとあの芳しい香りがあたりに充満し、作りながらつまみ食い。

お腹がすいて、おやつに[白い脂]も気にせず
冷たいままかじったこともしばしば。

白い脂といえば、健康診断などで肝機能異常を指摘され、
検査をすると『脂肪肝』と言われる方も多いかと。
酒飲みならまだしも、飲まない方もなってしまう
NASHという脂肪肝があります。

いずれ肝硬変や肝がんを発症することがわかってきましたので、
たかが脂肪肝といわず治していきましょう。
基本は食事と運動、我々がお手伝いいたします!

さてと、アルコール性脂肪肝炎?が疑われる、
いや確実、多分…そんなはずないと信じてシャンパンを…
飲みたいなぁ(涙)

170弾

第170弾 ふぐ屋さん2020.11月号

毎年先輩Dr.Hとご一緒する上野のフグ屋さん。
フグ刺しに始まり、煮こごり、松前漬、フグ焼き、毛ガニと大根鍋、
最後は雑炊で〆るのですが、この大根鍋には大量のバターが。

さらに10〜12月限定の『ウソだろ…』というくらいのイクラを
雑炊にザバーッとかけて、口にかき込んだときの
『幸せ』と『罪悪感』の入り混じった感覚は忘れられません。
実際は酔っ払って忘れてしまいますが(笑)

淡白な刺身に始まり濃厚なバターとプリン体で終わったときの
血管の中を想像するとちょっと反省してしまいます(汗)

[たんぱく]といえば、たんぱく質不足の患者様が
毎日毎日たくさんいらっしゃいます。

朝はパンだけ、昼は麺だけ、とおかずは夜しか食べないため、
鉄欠乏性貧血、栄養失調、筋肉低下になりやすいのです。

かといって3食だと食べすぎてしまう方も多い現代、
平安時代の1日2食文化のように、
可能ならばたんぱく質は1日2回はとってほしいですね。

さて、たまには私も動脈硬化の検査をしようと思います。
みなさんも定期的に頸動脈検査を主治医に申し出てくださいね。

今年もDr.Hと一緒にシャンパン&…ふふふフグ!

169弾

第169弾 クロワッサン♡2020.10月号

「いちばん好きなパンは?」と聞かれれば、
まわりが驚いてしまうくらい大きな声で答えてしまう
クロワッサン♡
なんせ半分くらい?バターが入っている、
[日本バター党]の党首としてはこの上ない幸せ♡

カリカリに焼いても美味しいですが、
昔父親がクロワッサンを蒸し器で蒸して出してくれました。
蒸すとふわっふわで別世界の食べ物です。
[強く握る]とパンがつぶれてしまうので、
そーっとひとくちサイズにちぎって食べたのが懐かしいです。

[強く握る]といえば、クリニックでは今、
患者様全員の握力を測定中です。

先日NHKのテレビでも出ましたが、
運動(特に脚)をすると筋肉を増やすホルモンが出てきて、
全身の筋肉、つまり握力も自然に増える!
逆に運動をしていないと握力は落ちてしまうため、
握力を測定することで運動量が推定できるのです。

季節は秋。
もうすぐ[かねしろウォーク]です。
みなさん、運動がんばりましょう♪

食欲の秋も人生の大切な楽しみ。
ハム、レタス、チーズとふわっふわのクロワッサン、
そして… シャンパンですね!

168弾

第168弾 脚付き将棋盤2020.09月号

小学校に上がったころ将棋を教わり、毎週末のように将棋を指し、
いつしか父親に勝利したときの嬉しさたるや、
今でもはっきりと覚えています。

あの頃は板に線を書いて、自分で将棋盤をを作り、
学校の床にはいつくばって指していたのも懐かしい思い出。

学年では「負けなし」でしたが、
ある日を境にクラスのY君に歯が立たなくなり…
それもそのはず、彼はなんと道場に通いプロを目指すと。

家に遊びに行ってさらに驚いたのは
テレビでしか見たことのない『脚付き将棋盤』に
『おじいちゃんが天童市で買ってくれた自慢の駒』
駒だけで、お値段なんと10万円!
(いいなぁ…でも自分はプロを目指すわけではないから)
と自分をグッと納得させ、帰路につきました。

納得といえば、自分で納得のいかない診療はしたくないのが金城先生。
そのためにも、まずは動脈硬化などの合併症を調べて徹底的に治療。
そして超音波や内視鏡、CT検査をすすめて可能なかぎり[がん]の発見。
今年も多数の方が早期発見できました。
症状があってからでは心配です。
ぜひ検査を受けにいらしてくださいね。

先日、40年前に憧れた脚付き将棋盤をネットで購入。
やっと手に入れた分厚い将棋盤を裏返してみると…
なんと南口繁一九段(加藤一二三九段の師匠)の揮毫(サイン)が!
シャンパンのお供が増えました(笑)

TOP